小島土建株式会社 『地域社会に貢献する』

 会社沿革  

 創業70余年、言葉では簡単でもその道程は厳しいものでありました。 昭和初期の混乱の中、人力による土木・建築作業は大変なものでした。年月の移り変わりと共に、建設技術、資材、機械の充実が図られ、 その形態は様変わりし、建設業も時代の追い風にのった時期もありました。いわゆる「創る時代」であります。しかしながら現在では、公共事業の削減、 見直しなどの世論、環境問題に対する問題、高齢化による人材不足など、 数多くの問題を抱えているのが現状であります。平成の時代にこれからの建設業が求められるもの。それは「安全」「高品質」「環境問題」「価値ある事業の推進」等、 多岐にわたるものであります。我が社でも地域社会への貢献を目標とし、ますますの信頼と品質の向上を目指し、 業務に取り組むことを社員一丸となり進めていくものであります

                     代表取締役  小嶋 尚

西 暦 年 号 事 項
1931年 昭和 6年  小島忠六が創業
1933年 昭和 8年  玉生村 発注 「高田堀工事(集水暗渠)」請負
1940年 昭和 15年  栃木県発注「堤防工事荒川通り右岸字天神河原」請負
1949年 昭和 24年  小島土建有限会社設立 資本金80万円
1954年 昭和 29年  栃木県知事発注「砂防工事(塩谷町上寺島字東古屋)」請負
1955年 昭和 30年  小島忠六 栃木県建設業協会塩谷支部幹事に選任
1960年 昭和 35年  建設省川俣ダム「工事用道路拡幅工事」請負
1964年 昭和 39年  栃木総合砂利事業協同組合 加入
1966年 昭和 41年  本社を新築移転、倉庫を増築
1970年 昭和 45年  野芝の植生を開始
1973年 昭和 48年  資本金300万円に増資
1974年 昭和 49年  小島忠六死去、小嶋 晶が代表取締役に就任
1976年 昭和 51年  小島土建株式会社に組織変更
1981年 昭和 56年  本社 新築
1992年 平成 4年  資本金1000万円に増資
1997年 平成 9年  資本金2000万円に増資
1997年 平成 9年  一般建設業から特定建設業に許可変更
2001年 平成 13年  ISO9001:2000取得
2003年 平成 15年  会社 増築(3F)
2009年 平成 21年  小嶋 尚 代表取締役に就任、小嶋 晶 取締役会長に就任
2012年 平成 24年  国土交通省 関東地方整備局 災害時の基礎的事業継続力 [BCP]の認定を受ける 認定番号:Ktr12_015



新着情報