地域貢献

 

自然災害への対応

CO2排出量削減

この写真は「平成14年7月21日」のものです。鬼怒川の様子ですが、川の名前のごとく「鬼が怒ったような流れ」でした。台風災害での調査は、重要な業務で「危険箇所の発見」と「応急対策」、その後の「災害復旧工事」と続きます。

本格的な台風シーズン前に、応急対策を施した様子です。今回は「シート張り、大型どのう」を利用しました。このような応急対策は河川を管理する「国、又は地方自治体(栃木県)」と連絡を取り合い、行われます。

昼夜間のパトロールや応急工事なども行います

当社は『自然災害から地域を守る活動』を継続して行っています

道路の安全確保

除雪作業

廃棄物削減

モーターグレーダーという機械での「除雪作業」の様子です。普通は道路工事で使われる機械ですが、雪が積もるとこのように活躍します。

道路の凍結防止

○○○○

出勤・登校前の早朝に「砂・融雪剤(塩カル)の散布」を実施します。

除雪や凍結防止剤の散布など『道路の安全確保の活動』も行っています

環境美化活動

ゴミ拾いの実施

道路環境美化の運動で「ゴミ拾い」を行っているところです。

建設業の魅力を発信する活動

小学生を対象とした「総合学習支援活動」の様子です。現場見学やものづくりのすばらしさを紹介しました。

現場説明会(弊社社長による現場説明の様子)
社員による重機などの説明やデモンストレーション

地域の学校などに定期的に建設業の魅力を発信する活動を行っています